北海道精子提供ボランティア きゅうすけ

精子提供ボランティアです。不妊に悩むご夫婦、シングルマザー希望者対象。札幌にて、無償で行っています。

北海道精子提供ボランティア

 こんにちは、きゅうすけと申します。北海道にて精子提供ボランティアを行っております。貴方が赤ちゃんを望まれる願いを叶える一助ができればと考えております。

 私は仕事に打ち込み恋愛も人並みにする、ごく普通の男性です。このボランティアを行おうとしたきっかけは、友人の女性の中に年齢の関係で子供を授かることができず後悔している方がいたことです。「30代後半になると不妊率や胎児の異常発生率が上がる。このことを知っていれば、早いうちから子供を授かっておいたのに。」未だ子供がいないその方からこの言葉を聞き、相談を受けた結果、同じ悩みを抱える女性の選択肢を増やす一助となるべくこのボランティアを行おうと決心しました。

 

プロフィール

名前:きゅうすけ

年齢:20代前半

住所:北海道

身長:172cm

体重:64kg

血液型:A型(AO型)Rh+

体型:筋肉質です。

容姿:顔は整った方で、友人からハンサムだと言われた経験があります。二重瞼、髪質は柔らかいけれど若干の癖っ毛、歯並びは綺麗です。

学歴:国立大学卒です。

嗜好:タバコは全く吸いません。お酒は友人と少量嗜む程度です。

仕事:科学系の企業に勤めています。

性格:明るく快活、また好奇心旺盛です。

趣味:スポーツと音楽を嗜んでおります。

 実績:タイミング法で1名が妊娠に成功し、母子ともに健康な状態で出産。シリンジ法で1名が妊娠に成功、現在妊娠中。

 

 精子提供は主として、以下の条件を満たしている、シングルマザー希望の女性、または男性が原因の不妊に悩むご夫婦に対して行います。条件をよくお読みになった上で、下にあるフォームをコピー&ペーストしてフォーム上のメールアドレスへメールをお送りください。

 面談や提供の日時は、メールにより要相談とさせていただきます。

 また、条件は私が重要だと考える順に並べてあります。シングルマザー希望の女性に向けて書いた条件もありますので、ご夫婦での提供希望の場合は当てはまらない点があります。ご了承ください。

条件
  1. 提供方法について。

 タイミング法(普通のセックス)、シリンジ法(針のない注射器による精液注入)の二種類から、貴方が望ましい方を選んで提供いたします。詳細は精子提供方法についての記事をお読みください。

 受精の成功にはある程度の時間、例えば2年ほどはかかるだろうということを念頭においてください。これは受精に失敗した場合に生理が来ても落胆しないようにするための心構えのようなものです。

 

  1. 面談を行うこと。

 この活動を行う上で、貴方の子供の元となる遺伝子を持つ私の顔立ちや体型、人柄、知能などを知りたい、信用できる相手か見極めたいと思うのは当然でしょう。それは私も同じことで、信頼できる女性だと理解した上で提供に臨みたいと考えております。お互いを知るために面談は必須とします。札幌駅近郊のホテルのロビーやカフェなどの、落ち着いて話ができる場所で面談をさせていただきます。

 そして、誠実さに欠けるなど私が貴方を信用できないと判断した場合には提供を取りやめさせていただきます。また、貴方が私を信頼できないと判断なさった場合は面談が終わった後に提供を取りやめるということにしていただいて構いません。お互いの強い意志と信頼が必要とされる活動ですので、その場合はどうぞご了承いただき、必要ならば別の提供者をお探しください。

 

  1. 性病の保因者または罹患者でないこと。

 これはお互いの安全のためです。貴方には私との面談の日に、その日以前1ヶ月以内の検査結果を提示していただきます。私は最新の性病の検査結果をこのブログに提示するようにいたします。また、提供前に再検査をしてほしいという希望があれば、貴方に代金を負担していただく形で行うことは可能です。重大な病気にかかるとお互いに著しく不利益を被ることになります。その予防策としてどうぞご協力をお願いいたします。

 

  1. 子供を育てる収入と覚悟があること。

 シングルマザーの場合、将来パートナーを見つけるつもりでも、少なくともパートナーと結ばれるまでの間は、貴方は一人で子供を育てねばなりません。夫婦の場合でも二人で協力・分担して子供を育ておげねばなりません。子供を育てるためには経済的・精神的な自立が必須となります。

 当たり前のことですが、安定した収入がなければ子供を育てることは出来ません。子供が将来幸せに育てるように、収入源があることは必須条件です。

 そして、精子提供によって子供を授かることは日本では未だ一般的ではなく、多くの批判や非難を浴びせられることも考えられます。そのような逆境の中でも自分の子供を支えて育てていける、強い覚悟と意志がある方は歓迎いたします。逆に、精神疾患の経験があったり、精神的に弱い面がある方への提供はお断りさせていただきます。例えば失恋や離婚などを経験したことから、気の迷いや思いつきで精子提供を受けようとしている方は、どうか自分の人生について、大局観的にもう一度よく考え直していただきたいです。覚悟が決まらない方には、私は一切手を差し伸べることはいたしませんが、覚悟が出来たなら、どうぞ私に連絡をください。

 

  1. 個人情報はお互いに秘密にすること。

 個人情報はお互いに秘密ということにさせていただきます。これは私の活動を円滑に行うため必要なことだからです。例外はありませんので、どうぞご了承ください。

 

  1. 子供に関してすべての責任を貴方が負うこと。

 親権は完全に貴方にあり、私からの認知等は一切致しません。行政上の手続きや教育などはすべて貴方の責任となります。

 別の項目でも書いた通り、子供を育てられる収入があることは前提条件です。私から精子を提供した方には、養育費などの資金援助は全くないことを理解してください。

 そして、子供が自立するまで子供の面倒を見ることを約束してください。また、私には家系的に障害のある家族や先祖は一人もいませんが、万一障害を持った子供が生まれた場合にも責任を持って最後まで面倒を見るという責任感を持っていただきたいです。

 自分一人で全責任を負うことに抵抗を感じるようであれば、少なくとも私からの精子の提供は控えさせていただきます。子供を育て上げる・子供を幸せにしてみせるという責任感のある方は歓迎します。

 

  1. 子供へ必ず精子提供に関する告知をすること。

 子供自身が精子提供によって生まれたと子供に伝えるのは勇気がいることです。しかし、それを知らないまま大人になってしまうと、多くの精神的葛藤や自己否定感につながってしまうことが容易に想像できます。どうか私から提供を受けようと思うのならば、子供に早い段階からあなたは精子提供で生まれたのだと伝えることを約束してください。そのように決断し告知することが、貴方と子供との関係を円滑なものにするとともに、子供が幸せに生きていく糧となり、子供が精子提供の事実を受け入れた上で立派な大人へと成長してくれる鍵となるでしょう。なお、告知する勇気を持てない、告知するつもりがないという方には一切提供するつもりはありません。

 

  1. ご夫婦、レズビアンカップルへの提供について

 既婚の方でご主人が精子異常などで妊娠が不能、または離婚協議中で現在別居状態にあるなどの状況下でいらっしゃる方に精子を提供する場合、ご主人からの承諾を書面で得られていることを必須とします。面談の際に、ご主人への面談または電話にて確認させていただきます。承諾が得られていない場合は、決して提供を行いません。

 また、レズビアンカップルの方に対しても、パートナーの方の承諾を書面で得られていることを必須とし、面談または電話で確認し、提供させていただきます。こちらも承諾が得られない場合は提供いたしません。

 シングルマザー、夫婦、レズビアン、いずれにも当てはまらない場合には、どうぞご相談ください。

 いずれの場合でも、パートナーの方への確認に必要な個人情報以外の点に関しては、他の1〜7,9〜11の条件をすべて満たしていただくことが必要です。

 

  1. 負担していただくお金について

 面談時のお茶代や、タイミング法を行う場合の交通費とホテル代、シリンジ法を行う場合の器具代は貴方に負担していただきます。また、再検査希望の場合はその代金も負担していただきます。それ以外のお金をいただくことは原則としてありません。

 原則として謝礼は受け取りません。この活動が営利目的ではないためです。ただし、どうしても謝礼を支払わねば気が済まないという方は、どうぞお申し出ください。ありがたくいただき、今後の活動資金とさせていただきます。

 

  1. 連絡を勝手に打ち切らないこと。

 連絡はメールでお願いいいたします。この連絡を、気が変わり精子提供を受けないことにしたなどの理由で勝手に止めることは控えてください。そのような行為は精子提供の準備をしていた私の負担となり、その分だけ他の方に割く時間が減ってしまうことにつながります。途中でやめると考えることはやむをえませんし、やめるにあたっては面談などをする必要はありませんが、必ずやめるという連絡とやめる理由を書いたメールを送ってからにしてください。

  

  1. このブログの条件や提供方法についてよく確認したこと。

 きちんとこの記事の内容を熟読したことが提供の前提条件です。私は貴方の選択肢を増やすべくこの活動を行っておりますが、同時に生まれてくる子供も可能な限り全員が幸せに育ってほしいと考えております。そのために、やや冗長とも思える記事を書いているのです。

 きちんとこの記事を読み、理解し、自分が条件をすべて満たしていると確認できましたら、以下のフォームをコピー&ペーストし、以下のメールアドレスへメールをお送りください。

 

連絡先

北海道精子提供ボランティア きゅうすけ 

hokkaidoseishi@gmail.com

 

フォーム

********************************

1.お名前(仮名で結構です。):

2.年齢:

3.ご住所(都道府県、市区町村まで):

4.ご職業:

5.年収: 万円

6.貯蓄額・負債額: 万円   万円

7.提供前の再検査:希望なし または 再検査希望(項目:)

8.提供方法:タイミング法 または シリンジ法

9.外出中でも連絡が取れるメールアドレス:

10.面談希望日時・場所:(例)2016年11月6日(日)、13日(日)、20日(日)19:00〜 札幌駅周辺のホテルのロビーにて

11.提供希望日時・場所:(例)上記のいずれかの日曜〜月曜夜、 札幌駅周辺のホテルにて

12.提供期間の希望:(例)2人授かるまで最大5年を検討。

13.病気の有無:

14.将来子供に精子提供のことを話しますか?:

15.条件8に当てはまる場合、パートナーの承諾は取れていますか?:

16.私が養育費などの援助は一切行わないことを理解していますか?:

17.子供を一人で育て上げる覚悟はありますか?:

18.万一障害のある子供が生まれたとしても、最後まで責任を持って育てる覚悟はありますか?:

19.提供を希望する理由:

20.他の提供者とは並行して連絡を取っておらず、今後もしないと約束できますか?:

21.やめると決断した場合でも、勝手に打ち切らず、やめる理由をメールで送ってからにすると約束できますか?:

22.面談を急にキャンセルしないと約束できますか?:

23.もしも急なキャンセルなどの不誠実な対応の場合、あなたの情報が他の精子提供者に共有されることを納得してくださいますか?:

24.他に私きゅうすけに伝えておきたいことはありますか?:

********************************

 

 

<提供までの流れ>

1.この記事をよくお読みになった上で、フォームに従ったメールにて連絡してください。

2.面談の日程と場所を決めます。

・私の希望日時:基本的に月曜の夜または日曜日。それ以外の曜日は仕事や用事がありますが、フレキシブルな職場なので要相談とします。

・私の希望場所:札幌駅周辺のホテルのラウンジやカフェなど。

3.面談を行い、条件を満たしていれば精子提供の日時を決めます。

4.指定の日時に一回目の精子提供を行います。(面談直後でも構いません。)

5.着床できたか否かをメールにてご報告お願いいたします。

6.着床できていなかった場合は、メールにて次回に精子提供を行う日程を決めます。

 

 精子提供により子供を産み育てるということは、非常に大きな責任感や負担や重圧と戦うことを意味します。それでも産むという覚悟を決めたなら、私は貴方に惜しみなく協力し、貴方と生まれてくる子供の幸せを心から願うことを誓います。

 どうぞ勇気を持ってご連絡ください。

 

北海道精子提供ボランティア きゅうすけ

hokkaidoseishi@gmail.com