北海道精子提供ボランティア きゅうすけ

精子提供ボランティアです。不妊に悩むご夫婦、シングルマザー希望者等対象。札幌近郊にて、無償で行っています。 I am free Sperm Donation volunteer in Hokkaido, Japan. This blog is written both in English and in Japanese.

無償提供の理由 Why I am donating sperm, without receiving money.

私はこの1年半、精子を無償提供するボランティアとして活動してきました。その理由は2つあり、1つは生まれてくる子供のため、もう1つは他の手段との差別化です。

 

子供のため

提供によってレシピエントの方々から生まれてくる子供。当然ですが、子供を産み・育てるには多くのお金がかかります。妊娠・出産時にかかるお金、生まれてからは衣食住の費用や教育費など様々なお金がかかります。

その事実を前にして、私からの提供でお金をいただくわけにはいかないと考えました。私への謝礼としてお金をいただくのではなく、生まれてくる子供のためにそのお金を使ってほしい。その方が、間違いなく生まれてくる子供にとっても、親となるレシピエントの方々にとっても幸せなお金の使い道でしょう。このように謝礼等はいただかないということは、将来親子になる方々に、少しでも多く幸せになってもらうための、提供者としての責務だと私は考えています。

 

 他の手段との差別化

世の中には不妊治療の様々な手段があります。体外受精やホルモン注射など、病院で行われ、実績も確かなものが多いです。また、有償で精子提供を行っている機関もあります。

これらの手段では、しばしばお金がかかりすぎることが難点です。一回の治療や提供に数万から数十万円かかり、妊娠が成功するまでに数百万円かかったという体験談もよく聞きます。無論、医療技術やサービス維持を考えれば必要経費であることはわかります。

しかし、その高額な費用が、公的な補助も少ないまま個人に負わされてしまうのはおかしいのではないかと私は思いました。妊娠を望む方のための手段が、大きな負担になってしまう高額なものであれば、困窮している方はその利用ができなくなってしまう。現在あるシステムと対照的に、費用を最小限に抑えてどんな人にでも利用してもらえるような提供が必要だと考えた結果、個人でブログを立ち上げて必要経費以外は無償で提供を行う、今のボランティア活動に至っています。

 

無償提供はただなんとなく仕組みの一つではなく、一提供者としての覚悟のもとで決めたシステムなのだということを伝えるために今回の記事を書きました。提供を考える参考にしていただけると幸いです。

 

精子提供に関心のある方は、どうぞ北海道精子提供ボランティアのページをお読みください。

 

 

 

 

I have been donating my sperm as a volunteer, that is, without receiving money more than necessary expences. There are two reasons: for children, and for competeng other infertility treating methods.

 

For children

Recipients give birth to their children. They need money to bear and grow children. For example, they have to go to hospital when they are pregnant, and after birth children need food, clothes, house, and education.

When I think about this, I decided not to receive money than is needed. Money should be used for children, not for my reward. That is definitely the most peaceful way of using money, both for recipients and children, and also for me. I think it is my obligation not to receive money, in order to make recipients and their children happier.

 

Competing other infertility treating methods

 There are many methods to treat infertility. For example, in hospital methods like artificial insemination or hormone insertion are used, bearing good performance. Or there are foundation that utilize sperm donation by receuvung money.

These ways usually require much money, and it must be tough for recipients. I often hear that we need tens of thousands of yen for just 1 time of treatment, and finally we need several million yen to succeed in becoming pregnant. Of couse these money is used to maintain medical quality or service, but it is a problem that individual need to pay that money without enough public support. 

If infertility treatments require a lot of money, people who are in need but suffering from poverty cannot use these methods. That is the problem. So I thought out this system: I donate my sperm without receiving any money than is needed, that is, I require only necessary expences like tea fee for interview, syringe fee for syringe method, and room fee for natural mating method. 

 

I am doing this volunteer without receiving money unnecessary, and I want to tell you that I decided this as an obligation for sperm donor. Please make this article one hint for thinking about receiving sperm donation.

 

Please visit this page if you are thinking about being a sperm-donation recipient.